健康寿命をのばすために

健康寿命を延ばすためには健康寿命を短くさせる要因の生活習慣病の発病リスクをいかに減らせるのかが大切なので、生活習慣病を発症させないために大切な食生活の見直しから始めていきましょう。

日々の食事メニューは主食と主菜、副菜のバランスが良好になるように献立を組み立てつつ、全ての食事メニューで共通して野菜を多めに頂けるようにする事が大切です。

また、日々の生活の中に運動習慣を組み込む事も健康寿命を延ばすためには大切であり、運動習慣を持つようにすると心臓病や脳卒中、癌や足腰の筋力低下の予防に繋げられます。

運動する時間は18歳から64歳までは歩行よりも高めの負荷がかかる運動を毎日1時間行うようにし、65歳以上の方は負荷に関わらず毎日40分間身体を動かす時間を持つ事が有効的です。

そのように活発に動かした身体を休めるための睡眠も健康寿命に関係していて、健やかな一定したリズムで十分に睡眠を得ると体内時計が正常化しますし、ホルモンの分泌量も整います。

さらに喫煙習慣がある方は禁煙を計画し、飲酒を嗜む方は1日あたり摂取するアルコールの量を20グラムまでにすると健康寿命が延ばせます。

そして、今日では口内の歯周病菌が全身に影響を及ぼす事が判明しているため、起床後や睡眠前のみならず食後にも歯磨きを丁寧に行い、定期的に歯科健診を受けて歯周病にならないようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました