コロナウィルスの感染を予防するには

コロナウィルス

コロナウィルスの感染を予防するには手洗いとマスクの使用、咳エチケットが大切であり手洗いに関しては屋外から自宅に帰宅した場合に限らず、外出中であっても意識的に行う事が大切です。

外出をした時に手にする機会が多い電車やバスのつり革やドアノブなどは、不特定多数の方々が直接的に手で触れるという特性上、触れた際に自身の手にウイルスが付きやすいです。

コロナウィルスを予防するためには電車やバスを利用した後外出先であっても手を洗うようにし、帰宅後には料理を調理する前はもとより帰宅直後に手を洗う習慣を持つようにしましょう。

手を洗う時には予め流水を使用して濡らした後にハンドソープなどを使って手のひら同士を擦り合わせた後、続いて両手の甲を丁寧にこすり洗いしていきます。
そして、指と指の間や爪の間などの細部に至るまで入念に洗った後は両手の手首も洗い、流水で十分に泡を流します。

また外出時には毎回マスクを着用しますが、マスクは口のみならず鼻まできっちりと覆われていなければウイルスが侵入してしまうため、隙間なく口と鼻が共に覆われているようにし、備え付けられているゴム紐を耳に引っ掛けます。

ゴム紐を耳に引っ掛けた後に再び微調整をすると尚良いですが、マスクを使用する時に大切なのは裏表をしっかりと確認してから着用する事です。

裏表が逆になっているとゴム紐の関係上頬の辺りに隙間が生じてしまうので、裏表を確認しましょう。

また、咳やくしゃみをすると自身の周囲にコロナウィルスが飛散し、家族や仕事仲間などに感染を拡大させてしまう可能性があるため、咳やくしゃみが出る時にはマスクをしたりハンカチやティッシュで口元を覆います。

マスクを着用していなかったり、手元にハンカチやティッシュが無い時には腕を自身の顔の前に持ってくるようにし、肘に向かってくしゃみや咳をするといった対策を行います。
対策をしていたもののコロナウィルスが疑われる症状が出た際には、予め連絡した上で保健所を訪れて診察を受けましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました