認知症予防の食事

認知症

認知症予防の食事として代表的なものは、青魚をよく食べることです。青魚を食べる必要がある理由は、DHAやEPAと呼ばれる成分が含まれているからです。

これを体内に入れることで、悪玉コレステロールを減らすことが可能になり、細胞の劣化を防ぐことが可能になります。


次に重要な食べ物としては、野菜や果物です。

野菜や果物を日常的に食べている人は別ですが、そうでなければ1日1回ないしは1週間に量を決めて食べる必要があるでしょう。

野菜や果物の効果は、抗酸化作用があることです。

抗酸化作用が発揮されることで細胞の老化を防ぎ、脳の細胞にも良い影響を与えます。

結果的に認知症から程遠い生活をすることが可能になります。

野菜や果物の中でも、ビタミンCが多く含まれているものが良いです。

具体的には、赤ピーマンやみかんあるいはオレンジといったものがこれに該当します。

それと同時にビタミンEも抗酸化作用が強いとされており、ビタミンEはかぼちゃやほうれん草などに多く含まれているのが特徴です。

大豆が入っている製品も見逃すことができません。

日常的に大豆を取る事は決して難しくありませんが、意識をしていかないと大豆不足になり神経伝達物質の摂取が不十分になる可能性があります。

定期的に納豆や豆腐などを食べると良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました