秋バテの原因と予防方法

秋を迎えても夏バテに似た症状である秋バテに見舞われる原因は、秋という朝や夜と日中の気温差が大きい気候が関係しており、1日の中で気温差が大きい環境下に身を置いている事によって自律神経が乱れてしまい全身症状が現れます。

気温差により乱れた自律神経は、湯船にぬるま湯を溜めてじっくりと浸かり身体の芯から温めてあげるとリラックス効果が得られ自律神経が健やかになりますし、日頃からぬるま湯にじっくりと浸かる習慣を持つと秋バテの予防にも繋がります。

また、秋バテは夏に蓄積した疲労が秋に出てきている事例もあり、気温が高い夏場に涼を求めて冷たい食べ物や飲み物を多量に摂取し、内臓が冷えてしまっていると秋を迎えた頃に食欲不振や下痢、便秘や全身の血液循環の悪化が生じます。

内臓が冷えてしまうと免疫力が低下し秋の気候で風邪をひきやすくなりますし、その他の病気を発病する可能性も高まるので身体が温められるネギやニラ、にんにくや生姜といった食材を積極的に使用しましょう。

さらに、秋は夏に比較すると摂取する水分量が減少傾向になるので、摂取する水分量が減少する事により血液の粘度が高まり各組織への酸素の供給量が減るため、常温もしくは温かい飲料を選び積極的に水分補給を行う事が大切です。"

コメント

タイトルとURLをコピーしました