要介護と要支援の違い

日常生活を営むために他者の支援が必要不可欠な様子を要介護と呼び、24時間365日家族が交代でお世話をする事ができれば問題ないものの、単独でお世話をし続けていると大きな負担になりやすいです。

特に要する介護の度合いが強くなるほど家族のみではお世話をする事が難しくなるため、要介護認定が受けられれば通所介護や訪問介護、入居介護、滞在型介護などが利用可能になり専門家からのサポートのが受けられるようになります。

一方、要支援は要j介護とは違い日常生活における介護は必要としませんが、将来的には加齢に応じて要j介護の様子になる可能性が高い事を指します。

そのため、将来的に重度な要j介護にならないように要支援と伝えられた時点でできるだけ早く効果的な予防方法を行う必要があります。

また、要支援とされた方が効果的な予防が受けられるように様々なサービスも展開されていますし、介護保険制度を利用して金銭面で負担にならない環境整備もされています。

要支援の方に向けて行われる予防策は、認知症の発症を防ぐための脳のトレーニングや身体を動かすエクササイズ、栄養のバランスに長けている料理教室や喫茶サロンなどで、有志によりコミュニティを形成し維持する活動や安否確認も積極的に行われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました