排尿障害とは?

加齢に伴う女性の体の悩みには様々なものがありますが、排尿障害もその一つです。排尿障害とは、排尿機構を正常に維持することが出来なくなる状態のことです。

具体的な症状としては、排尿をしたくないのに尿が勝手に出てしまったりくしゃみや咳などによる腹圧で尿が漏れてしまう尿失禁、日中や夜中に何度もトイレに行きたくなってしまう頻尿、とにかくトイレが近くて我慢することが出来なくなる過活動膀胱、尿が出るまでに時間がかかってしまい出ても途中で止まってしまう尿勢低下などがあります。

これらの症状に悩んでいるけど、年齢のせいにして諦めてしまっているという女性も多いのではないでしょうか。

加齢で排尿障害の症状が出てしまう原因としては、筋力の低下で骨盤底筋群の緩みが生じる、女性ホルモンのエストロゲンが減少して尿道粘膜の血管床が萎縮するなどがあります。

症状をそのまま放置すれば悪化するリスクもありますし、悩みや問題がさらに根深くなってしまいます。

早めに医療機関を受診して、適切な検査や治療を受けるのが安心です。

トイレの回数は排尿時の状況などを、医師に具体的に伝えましょう。治療は薬物療法や行動療法などがなされ、骨盤底筋体操などの指導もしてもらえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました