高齢者の排尿障害対策

高齢者によって起こる排尿障害は生活の質を低下させる問題です。

排尿に関する問題は40歳代から生じてくると言われていますが、後期高齢者となると排尿障害を抱える人は一気に増えるといわれています。

多くの方は体の衰えが原因で改善しないと諦めてしまう方は多いですが、原因を把握し適切な対策や治療を行うことで症状は改善させることが可能です。

まず高齢者の排尿障害は蓄尿障害と排出障害の2つに分類されており、前者は膀胱排尿筋のか活動や膀胱出口の抵抗減弱、尿道閉鎖圧低下が原因で尿失禁や頻尿が発生します。

後者は膀胱排尿筋の収縮力が低下し、暴行出口の抵抗増大が原因で排尿困難が起こります。

このような排尿障害は、きちんと原因を知り生活習慣の是正や行動療法、薬物療法や手術療法を行うことで治療することも可能です。生活習慣の是正なら気を付けたいのが便秘の対策です。

直腸内に便が残っている状態だと、膀胱を圧迫することで尿失禁や排尿困難の原因になりやすいので、生活習慣を見直すことで便秘解消に繋がります。

行動療法は蓄尿障害に対して行われ、主に膀胱訓練や骨盤底筋体操を習慣的に行うことで、排尿障害の原因となる筋肉を鍛えることが出来ます。

薬物療法は過活動膀胱や前立腺肥大症の症状に対して、薬剤を利用して改善を行う方法で、手術療法なら合併症のリスクを考慮し治療法の一つとして選択されることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました