認知症の予防

未分類

 

認知症は、脳を含む身体の隅々に行き渡る血流が不足する事にとって発症する可能性が高まるため、1日の中で運動する習慣を持つようにしましょう。

行う運動は激しい運動である必要性は無いので気軽に始められるウォーキングなどから開始すると、これまで運動習慣を持っていなかった方でも1日の中で身体を動かす事が習慣化させやすいです。

また、ウォーキングをする時には毎日決まったコースを歩くのではなく、できるだけ毎日違うコースを選んで歩くようにすると風景や道路の状況、交通状況などで変化が感じられるようになるため、認知症の予防に有効的です。

そして、身体を動かす事に慣れてきたら自転車を活用するのも良い方法であり、自転車を利用すればより一層長い時間にわたって身体を動かし続けられるようになりますし、遠くの景色が見られるようになるので脳に対して強い刺激が与えられます。

また、脳の機能を低下させる要因である活性酸素は年齢が高まるほど増加傾向にあるため、活性酸素を少なくさせる働きを持つビタミンCや緑黄色野菜といった栄養素や食材を豊富に用いて、日頃の献立を作るようにしましょう。

さらに、運動習慣にも通ずる事ですが脳が刺激を受ける事が認知症の予防では重要なので、趣味を持ったりコミュニティに参加するなどして張り合いがある生活を営むようにすると尚良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました