介護疲れにならないようにするために 負担軽減法

介護の基礎知識

身体と心に限らず経済面に至るまで負担が生じる介護の負担軽減を行うためには、介護保険サービスと介護保険外サービスそして行政サービスという高齢者支援を目的とした3つのサービスを柔軟に組み合わせる事が大切です。

介護保険サービスでは公的介護保険制度で得られる支給限度額を思慮しつつケアマネジャーにサポートを依頼し、介護や介護疲れの解消に要するサービスを計画して頂きます。

サービスを計画して頂く際にポイントになるのは、家族が引き続き行う介護の内容とプロに依頼する内容を明瞭化し、ケアマネジャーとの間で共通認識を有しておく事です。

介護保険外サービスとは同居している家族が居る事例において掃除や洗濯、調理や買い物といった日常生活を営む上での援助の事を指し、リハビリを目的としていない散歩や旅行時の付き添いなど公的介護保険制度では提供されていない事柄が対象です。

行政サービスは在住している各市町村が独自に行なっている高齢者支援の事で、行われている事例が多いのが紙オムツの助成です。

終日紙オムツを使用して生活していた場合1ヶ月間あたりの出費は数万円単位になるため、金銭的な負担になりますが定められた割合分の助成が受けられるため金銭的な負担軽減に繋がります。

最も多く行われているのは紙オムツの助成ですが、各市町村毎により異なる支援サービスはウェブサイトや、地域包括支援センターで公開されている情報から知る事が可能です。
また、気持ちの面で介護疲れが生じる理由は介護に従事する方が孤立してしまう特性が挙げられるため、孤立を防ぐべく介護経験がある友人知人やプロの介護従事者など相談できる相手を見つけ出す事も大切です。

そして、介護をし始めてから間もない頃は慣れておらず手探りな状態で進めていく様子がストレスになったり、不安な気持ちを強めるきっかけになるので介護スキルを習得していく事も負担軽減に繋げられますし、介護者の生活が介護のみにならないようにする事も欠かせません。

車椅子用電動排尿器
実用新案登録済、特許出願中 アクティブに活用したい! 尿意は自分でコントロールできるけど 外出時に 「多目的トイレがあるか心配」。。。。 そんなあなたに朗...

コメント

タイトルとURLをコピーしました